2016年9月5日月曜日

秋田県の井川中学校の文化祭にお邪魔してきました

皆さん、こんにちは。
「企画員」です。

最近、朝晩は過ごしやすくなってきましたが昼間はまだまだ暑い日が
続いています。
皆さん、体調管理には十分お気をつけ下さい。

さて今回は、秋田県にある井川中学校の文化祭にお邪魔してきた様子を
ご紹介します。
井川中学校を訪問するのは今回で4回目。


毎回、先生方や生徒の皆さん、保護者のみなさんに温かく迎え入れていただいて
います。


こちらは合唱コンクールを行なっている様子。
各クラス毎に発表を行います。

私は生徒達の歌声を聞きながら別の教室へ・・・


そこには5月に気仙沼を訪問した2年生の壁新聞が展示してありました。
気仙沼を訪問して生徒達はどのように感じたのか・・・
受け入れを担当している者としては気になるところです。

読んでみると生徒それぞれが語り部の話を聞いて感じたことや気仙沼中学校の
生徒達との交流をとおして勉強になったことなどが書いてありました。
その中で、語り部の話を聞いて「あたりまえの生活に対する感謝の気持ちを持つ」
ということも書いてあり、生徒達にとって気仙沼に行ったことがプラスになった
ということが分かり嬉しかったです。


昇降口の奥のスペースでは先生方とPTAのお母さん達による気仙沼の物産品の
販売会が行なわれました。


 
 
 


多くの方々に立ち寄っていただき、沢山の商品をお買い上げいただきました。



 
そして生徒さん達は気仙沼のために募金箱を持って校内を回ってくれました。

「気仙沼の事は忘れていないよ。」と直接言われた訳ではありませんが、
そのような気持ちを持ってくれているということは十分に伝わりました。


とても温かい文化祭でした。


気仙沼に戻る際に2学年の先生から「気仙沼に行った後から生徒の態度が良い意味で
変わった」と言われました。
自分達には何ができるだろうかと考えて行動できるようになったとのことでした。


気仙沼に住んでいる者として、気仙沼に来たことで生徒達に良い影響があった
という言葉は何よりのほめ言葉です。


これからも生徒達にとって良い影響を与えられるような受入れをしていければと
思います。


最後になりますが、校長先生、教頭先生をはじめとした先生方、保護者の皆様、
生徒の皆様に御礼申し上げます。

またお会いできるのを楽しみにしています。

いただいた義捐金は本日気仙沼市に渡してきました。

ほんとうにありがとうございました。



2016年8月24日水曜日

笑顔と涙と(玉川学園オーケストラ部様)

皆さん、こんにちは。
「企画員」です。

リオ・オリンピックでは沢山のドラマがありました。
挙げればきりがないのですが、個人的には陸上男子400Mリレー
がとても印象に残っています。
ジャマイカ・アメリカのメダルは堅く、銅メダルはどの国が取るのか・・・。
それがここ数回の流れ・・・。
しかし、今回はアメリカが結果的には失格となりましたが仮に失格と
ならなくても日本が勝っていました。
まさに、少しでも良い色のメダルを取るために練習した選手、コーチ、
スタッフの努力が「銀メダル」という形で報われました。

努力(練習)の成果が出て、笑顔の選手、涙を流す選手。
結果が出なくて涙を流す選手。

いずれにしても本気で努力した選手が見せる笑顔や涙は見ている人の
心を動かしますね。



さて、今回は笑顔と涙と玉川学園オーケストラ部様のご紹介です。

皆さんの受入れに対応するのは今年で4回目。
毎年の定期的な訪問には頭が下がります。

今回は午前・午後と2回公演を行いました。

午前は幸町に完成した災害公営住宅「幸町住宅」のコミュニティセンター。


幸町コミュニティセンター(撮影日は別な日)
 
 
 
演奏開始前の様子
 
 
ここで行なうのは初めてのため、住民の方々が来てくれるのか心配でしたが
最終的には満員となりました。
皆様、ありがとうございました。

 
 
 
 
そして午後は水梨小学校体育館で演奏です。
 
 
水梨小学校体育館
 
 
 
こちらは約100席くらいあったのですが、ほぼ満席。
お客様も普段あまり耳にしない弦楽器の演奏に耳を傾けていました。
 
 
 
 
 
午前・午後のお客様に共通したことは、表情。
演奏前に会場に入る際は皆さん固い表情でしたが、
演奏終了後に帰る際は皆笑顔でした。
 
 
演奏の曲目のなかに「川の流れのように」や「ふるさと」などなじみの曲もあり
一緒に歌ったり、ふるさと(震災前の街)を思い出して涙したり、先生のトークや
演奏者の皆さんのしぐさなどに笑い声が出るなどとても良い演奏会でした。
 
 
人間は普段心にある感情を表に出すことは少ないのではないでしょうか。
ましてや津波の被害に遭われた皆様にとっては泣きたくても泣けない、
忘れたくても忘れられない複雑な思いを抱えながら生活なさっています。
 
それは、私には計り知れないものです。
 
今回の演奏会をとおして感情を少しでも出すことにより心が軽くなった事が
お帰りの際の笑顔につながっているのではないかと思いました。
 
 
 
水梨小学校での演奏会も終盤にさしかかったころ、外は雷が鳴り大粒の雨が
降ってきました。
演奏終了後も止むことはなく、雨が弱くなるまでお客様との交流会が急遽行なわれ
ました。
 


玉川学園の生徒達が客席に来て、お客様に楽器を貸して音の鳴らし方
を教えたり、世間話をしたり・・・。
とても心温まる交流でした。

今回見に来た子供達の中から「将来の夢は音楽家」という子も出てくるかも
しれませんね。
 
 
そして最後は「オーソレミオ」。
 
 

プロのテノール歌手の方がお客様の手を取って情熱的に歌い上げています。
それを見ている会場の方々は皆笑顔。


音楽に関してはど素人な私ですが、「音楽っていいな」と思いました。

そして演奏会は無事に終了し、皆さんは南三陸町に向かって出発しました。

玉川学園オーケストラ部の皆さん、ありがとうございました。

また会いましょう。



最後になりますが、今回公演をするにあたりましてご協力いただいた
気仙沼市震災復興・企画部地域づくり推進課の神谷さん、羽田地区自治会長の
尾形さん、水梨小学校の校長先生をはじめとした先生方、その他関係者の皆様
、ご来場いただいたお客様方に御礼申し上げます。


皆さん、全員良い笑顔でした・・・。


 


 


 


2016年8月3日水曜日

日野市より・・・

皆さん、こんにちは。
企画員です。

今回は東京都の日野市より、日野市教育委員会様が企画した
「日野市被災地に学ぶ生きる力プロジェクト」に参加した中学生の
皆様の様子をお伝えします。

皆様の行程をざっくりご紹介しますと、2泊3日の行程で・・・

1日目・・・午後に気仙沼市に到着後、リアス・アーク美術館見学
      及び語り部による現地案内(階上地区・内湾地区)

2日目・・・午前は気仙沼中学校との交流
      午後は語り部による現地案内(唐桑地区・陸前高田市(特別)

3日目・・・ボランティア活動後に日野市へ帰る

という内容になっています。


私は、語り部による案内の部分に同行させていただきました。



リアス・アーク美術館見学の様子 


震災からもう少しで5年半・・・
震災の記憶の風化と言われているところですが、
この美術館に来ると、2011年3月11日の記憶がよみがえってきます。
生徒の皆さんは、当時小学生。
「地震で大きく揺れたこと」「親が帰宅困難になったこと」などは覚えて
いるようですが、その時に被災地とよばれている場所で何があったのかと
いうことは実際に来て見て初めて知ったのではないでしょうか。



防潮堤見学の様子
 
 
美術館見学後、階上地区経由で訪れたのが、商港岸壁にある防潮堤。
その大きさに驚いている生徒さんもいました。
 
壁の向こう側は、建物や工事現場があるのですが全く見えません。
仮に壁の向こう側が海で、大津波が目前まで迫っていたとしたら・・・。
 
ちょっと怖いですね。
 
 
そして、1日目は終了。
 
 
 
2日目は気仙沼中学校との交流。
 

地元の新聞(三陸新報)に記事が載っていました。
とても良い交流ができたようですね。


そして午後から、語り部が合流して案内開始。



唐桑の小鯖漁港にある石碑の前で説明。

石碑の裏には、当時の津波の被害が記されています。
(例:亡くなった方の人数、流された船の数、流された馬の数・・・など)

今のように映像や画像で残せない時代に、何とかして津波の怖さを
伝えようとした先人の想いが伝わってきます。


陸前高田市にて

陸前高田市では、献花をしました。
献花する場所の周辺には津波の高さを示すプレートがあり、
あらためて津波の大きさを実感しました。


そして、気仙沼市に戻ってきて案内終了。



生徒の皆さんはそれぞれの学校で今回の旅行の発表を行なうそうです。

災害が発生し、避難所が設置されると、中学生や高校生も大きな力と
なります。
気仙沼市でも、幼稚園や小学校の子供と一緒に遊んであげたり、物資の
運搬を手伝ったりと大活躍だったそうです。

緊急事態にはそれぞれが役割を持って乗り切らなければいけません。
震災を知らない世代も今後増えてくるので、防災・震災学習の重要性は
増してくるのではないでしょうか。

その時に津波の被害を受けた私たちは何を伝えることができるのかということを
真剣に考えなければいけません。


日野市の皆様、ありがとうございました。
 


2016年7月24日日曜日

目黒区青少年プラザの皆様

皆さん、こんにちは。
企画員です。

7月22日(金)から2泊3日で東京都目黒区より
目黒区青少年プラザの皆様が気仙沼を訪問しました。

7月23日(土)に大島の小田の浜海水浴場が海開きを
したということで、皆さん大島の海を存分に楽しんできたようです。

皆さんは最終日(24日)に魚市場見学、サメ革ストラップ作り、
シャークミュージアム見学等の後に昼食を取って帰路につく予定
となっています。

今回は最終日の様子をご紹介します。


こちらはサメ革ストラップ作りの様子。
講師は当協会の鶴川先生。

緊張気味の子供達の前で、クイズを出して場を和ませています。
皆さん上手にストラップを作ることができたようです。




そしてシャークミュージアム見学へ・・・。




シャークミュージアム内の復興シアターの映像が7月17日にリニューアル
されました。
(映像は撮影禁止です)

3月11日から今までのことが「ぎゅっ」と詰まった感じに仕上がっています。



サメに関する展示を楽しそうに見ています。


その後、昼食を挟んで気仙沼を出発する時間になりました。


最後に少しだけ皆さんの前でお話させていただきました。


気仙沼での3日間でそれぞれが色々な事を考えたと思います。

今回の経験を大切にして、また気仙沼を訪問してもらえれば幸いです。


皆さんの今後の活躍を期待しています。
ありがとうございました。
また、お会いしましょう。





2016年6月29日水曜日

東山中学校様がいらっしゃっています。

皆さん、こんにちは。
「企画員」です。
前回の「目黒区より・・・」の続きとなります。


今回私は、気仙沼大島に行き東山中学校の生徒さん達の
受入れのお手伝いに行ってきました。
その様子をご紹介します。

本日の天気は昨日とはうって変わって「晴れ」。


皆さんの今日の予定は、漂着物分類調査・カレーサバメシ作り・
大島中学校での大島ソーラン体験・その後は各宿でのレクリエーション
となっています。



こちらの画像は、大島中学校の生徒さん達と合流する前の様子。
先生方から注意事項等の説明を受けているところです。
調子の悪い生徒さんもなく、皆さん元気そうです。



そして、大島中学校の生徒さん達と合流。
活動の前に校長先生のお話や全体的な注意事項の説明がありました。



そして活動開始。
東山中学校の生徒さん達は10くらいのグループに分かれ、その中に
大島中学校の生徒さん達が入りました。

本当に今日は天気もよく、気持ちが良いです。



その後、休暇村気仙沼大島のキャンプ場にて野外炊飯(カレーライス作り)。
食材を切るグループ、火をおこすグループに分かれて皆さん楽しそうに
作業を行なっていました。

美味しそうなカレーが出来上がったようです。



そして、大島中学校の体育館での活動も終わり、閉会式を行いました。
その中で、東山中学校の校長先生から感謝の言葉がありました。



この画像は、宿泊施設に向かう東山中学校の生徒達を見送る大島中学校の
生徒達の様子です。
最後のバスが出発するまで沿道にて手を振り続けていました。



船の時間の関係で各宿泊施設での生徒さん達の様子は見ることはできませんが、
それぞれの宿泊施設の方々と楽しい時間を過ごすのではないでしょうか。


以上でご紹介は終了となります。


今回のお手伝いを振り返って、東山中学校の先生方、目黒区教育委員会の
方々などの「受け入れられる側」。
そして、宿泊施設の方々や大島中学校の先生方、大島観光協会の方々などの
「受入れる側」。
そして、自分の子供達を「送り出す」東山中学校の保護者の方々。
本当に多くの方々のご尽力の上に子供達の団体旅行が成り立っているんだな
ということを再確認できました。

その成果として「両校の生徒達の笑顔」があるんだなと思います。

また、普段はあまり話す機会の無い方々ともお話しすることができたことも
自分にとって収穫でした。


東山中学校の生徒の皆さん、気仙沼市に滞在するのも「あと2日」。
大きな事故もなく最大限楽しんでいってください。


そして「お土産」だけではなく、「お土産話」もたくさん持っていってもらえれば
うれしいです。



帰りの船の上で、「大きな事故も無く無事に終わってよかったな」とほっと
していたら・・・



ウミネコが「あくび」をしていました。


皆さん、お疲れ様でした。












2016年6月28日火曜日

目黒区より・・・

皆さん、こんにちは。

「企画員」です。

本日は東京都目黒区から東山中学校の生徒さん達が気仙沼市を
訪問する日です。

思い返せば私が東山中学校の生徒さん達の受入れのお手伝いを
初めてさせていただいたのが、平成24年6月・・・

今回で5回目のお手伝いとなります。


ここでちょっと過去を振り返ってみると・・・


平成24年の受入れの様子(海の市)
 
 
 
 
平成25年の受入れの様子(海の市)
 
 
 
平成26年の受入れの様子(道の駅大谷海岸)
 
 
 
平成27年の受入れの様子(岩井崎)
 
 
 
いや~なつかしいですね。
 
震災翌年の平成24年に気仙沼市を訪問した生徒さん達はもう高校3年生?
 
それとも卒業したのでしょうか。
 
 
今でも気仙沼市での体験を覚えていてくれたら嬉しいですね。
 
 
 
そして今回の受入れのご紹介。
 
気仙沼市の天気は曇りベースでときおり小雨。
 
JR一ノ関駅から気仙沼市に到着した皆さんは、少々疲れ気味?
 
または、なれない土地で少々緊張気味といったところでしょうか。
 
天気が良ければ昨年同様に魚市場屋上での昼食だったのですが、
 
残念ながら天候の関係で室内での昼食です。
 
 
昼食場所の海の市2階コミュニティースペース
 
 
 
昼食後は語り部による市内案内です。
 
 
出発前の様子
 
 
 
商港岸壁にて語り部の話を聞いている様子
 
 
 
秀ノ山雷五郎像の前(岩井崎)
 
 
 
道の駅大谷海岸の献花台まえにて黙祷
 
 
私は何かあった時のために別車両での移動となりましたが、語り部さんの
 
話によると、皆さん真剣に話を聞いていたとのこと。
 
 
東日本大震災が発生したとき生徒さん達は小学1年生くらいだったんですね。
 
そのときの事を覚えている生徒さん達も多かったようで、さぞや怖かったことで
 
しょう。
 
 
今回、実際に大きな被害のあった場所で過ごす数日間・・・
 
その怖かった時に気仙沼市で何があったのか。
 
気仙沼大島で何があったのか。
 
住民の気持ちはどうだったか。
 
色々なことを知り、新しい発見をすることでしょう。
 
 
皆さんにとって有意義な思い出に残る旅行であることをお祈りしています。
 
 


ありがとうございました。
 
 
 

 





2016年6月1日水曜日

2つの中学校の受入れ

皆さん、こんにちは。
「企画員」です。

今回は同じ日に北海道と宮城県内の学校の受入れがありました。
その様子を紹介します。

まず、はじめに・・・

北海道からいらっしゃった札幌市立新陵中学校様です。
皆さんは南三陸町から気仙沼入りして、道の駅大谷海岸で語り部と
合流しました。
出発前に献花台のところで黙祷をしてから語り部の案内が始まりました。

カメラのバッテリーが切れたために画像はありませんが、皆さん語り部の
話を聞きながら熱心にメモをとっていたそうです。

そして新月(にいつき)パーキングで語り部終了。

最後は全員バスから降りて語り部の方々にお礼の挨拶をしました。
その後、皆さんは気仙沼市から宿泊場所の平泉町へ出発しました。



同じ日の夜には宮城県内からお越しの秋保中学校様の受入れを
行ないました。
昨年に引き続いての受入れです。

昨年同様にホテルにて市民との交流会が行なわれました。


1つのテーブル(生徒約10名)に市民1人が入って当時の話等を聞かせた
あとに、生徒からの質問に答えたりしました。
初めは硬かった生徒達ですが、終わり際には笑い声も聞こえるなど
打ち解けた様子でした。

最後には全員から歌のプレゼントがあり、市民の方々も大感激。



その翌日、皆さんは魚市場の見学を行いました。


残念ながらまだカツオのシーズンではなく、水揚げも少なかったですが
生きている魚が並んでいる風景をみて大喜び。
魚が好きな先生も「美味しそう」と言っていました。



短い時間ではありましたが、生徒達にとって良い体験になったのであれば
幸いです。

6月中に仕事で秋保中学校にお伺いする予定なので、皆さんと再会する
のを楽しみにしています。



両校の皆さん、ご来訪ありがとうございました。

また、気仙沼市に遊びにきてくださいね。